[PR]

 ■抵抗と日常、帝国の空気の中で

 「アイヌ文学」入門書にして、在野研究者の熱意が伝わる労作である。近代以降のアイヌ文学は、主としてアイヌ民族による日本語文学を指す。故郷を「異郷とされ」、差別の対象となった彼らが、日本語で文学に取り組む際に、民族意識やその葛藤がテーマとして入ってくることは当然だった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも