[PR]

 能の金剛流宗家が所蔵する面や装束を紹介する展覧会が、東京・三越前の三井記念美術館で開かれている。見どころは、豊臣秀吉が「雪・月・花」と名付け愛蔵した3点の小面(こおもて)のうち、宗家に伝わる「雪の小面」。美術館から特別出品される「花の小面」と、約50年ぶりに再会した。

 源流は中世にまでさかのぼる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも