専門外医師、がん見逃す 40代の女性、死亡 杉並区検診

有料会員記事

[PR]

 東京都杉並区肺がん検診でがんを見落とされた40代の女性が6月に死亡した。区と検診を受託していた河北健診クリニック(杉並区)などは17日記者会見し、区の実施要領に反して、専門医ではない医師だけで判定していたことを明らかにした。

 会見によると、女性は2014年7月と15年7月、勤務先の保険組合の…

この記事は有料会員記事です。残り1112文字有料会員になると続きをお読みいただけます。