仲間と共謀、認める 茨城大生殺害、初公判

有料会員記事

[PR]

 茨城大学農学部2年だった女性(当時21)が2004年に殺害された事件の裁判員裁判が17日、水戸地裁で始まった。殺人と強姦(ごうかん)致死の罪に問われたフィリピン国籍の元工員ランパノ・ジェリコ・モリ被告(36)=岐阜県瑞穂市=は起訴内容を認めたうえ、被告人質問で「(当時は)酒を飲んでいた。殺害は(仲…

この記事は有料会員記事です。残り509文字有料会員になると続きをお読みいただけます。