刑事免責初適用の被告、黙秘

有料会員記事

[PR]

 刑事免責制度の初適用を受け、覚醒剤密輸事件の共犯として起訴された男の裁判で証言を強制された中国籍、陳豪超被告(24)に対する裁判員裁判の初公判が17日、東京地裁であった。陳被告は起訴内容を否認。被告人質問では黙秘した。

 陳被告は中国籍の男とともに覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)の罪で起訴された…

この記事は有料会員記事です。残り200文字有料会員になると続きをお読みいただけます。