大阪市職員アンケ弁護士、処分

有料会員記事

[PR]

 大阪市が2012年に、全職員を対象に労働組合などの活動を調べたアンケートをめぐり、第二東京弁護士会は17日、調査の実施責任者だった野村修也弁護士が「職員の基本的人権を侵害した」として、業務停止1カ月の懲戒処分にした。野村弁護士は同日、日本弁護士連合会に不服を申し立てる考えを明らかにした。

 野村弁…

この記事は有料会員記事です。残り209文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら