[PR]

 本紙連載小説「グッドバイ」がいよいよ、時代の大きなうねりの中に入っていく。幕末の長崎にあって、主人公のお希以(けい)は海外との交易を夢見て、日本茶の茶葉の見本を蘭人(らんじん)・テキストルに託した。著者の朝井まかてさんに、本作に込める思いを語ってもらった。

 ■「日本人の筋骨、お希以に見る思い」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも