[PR]

 職員は芝生の庭の片隅にパイルを打ち込み、横に倒したポールに矢車を取り付け、こいのぼりを結んでいった。

 ベンチに座ってその様子を眺めていた佐山は、「懐かしいな……」とつぶやいた。

 しまった。場所を移らなかったことを悔やんだ。うかつだった。こいのぼりが芳雄くんの思い出につながってしまう恐れを考える…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも