[PR]

 明治維新150年。激動の時代に、明暗を分けた諸藩の決断。知られざる重要なエピソードがそれぞれの藩にありました。幕末・明治を舞台にした著作も多い歴史作家の伊東潤さん=写真=と、郷土史家の山岡浩二さんが解説します。森鴎外や西周など近代日本を形作った人物を輩出した津和野藩。長州藩に隣接した小藩の生き残り戦略とは何だったのでしょうか。津和野藩の知恵を手がかりに、幕末史を検証します。

 ◇対談「新視点・幕末伝 諸藩の明暗と津和野藩」8月25日[土]午後1時~2時30分。参加費4320円

 ◇会場は新宿住友ビル。申し込みは主催の朝日カルチャーセンター(03・3344・1941)。HPは「朝カル 新宿」で検索を

 (朝日新聞社後援)

こんなニュースも