[PR]

 自民党の「政調会のあり方等改革実行本部」(本部長・岸田文雄政調会長)は19日、党の政策立案能力を高めるための改革案をまとめた。首相官邸が公約や政策決定を主導する現状に一石を投じるねらいがあり、記者会見した岸田氏は「党の発言力が大きなものになると期待する」と話した。

 改革案は七つの柱からなり、国政…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも