[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、探査機「はやぶさ2」が滞在している小惑星「リュウグウ」の表面に、多数の大きな岩が散らばっていると発表した。別の天体の破片が集まって生まれた可能性を示しているという。

 はやぶさ2が撮影したリュウグウの地表の画像を調べたところ、大きさが8メートル以上の岩が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも