[PR]

 厚生労働省は19日、裁量労働制をめぐり労働時間データの不適切な比較をしていた問題で、担当局トップの山越敬一労働基準局長を戒告とする懲戒処分などを発表した。経緯を調査した外部の弁護士らで作る監察チームは、政治家の指示はなかったと認定。担当課の認識不足で作られた比較資料を、その後も問題意識を欠いたまま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも