[PR]

 国際バスケットボール連盟は19日、男子の2019年ワールドカップ(W杯)アジア地区1次予選で乱闘があったフィリピンとオーストラリアの計13選手に、最大で6試合の出場停止処分を科したと発表した。2日にマニラ近郊で行われた試合の第3クオーター途中に選手がもみ合いとなり、13人が退場。試合続行が不可能と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも
こんなニュースも