[PR]

 ■命つなぐ手料理、内戦への抵抗

 突然、国内が戦争になる。家にいても銃声が聞こえる。兵士がやってきて、今すぐここを明け渡せという。そのとき必要なものとは何か。毎日の食べ物と、人とのつながりだ。

 約40年間、セルビアの首都ベオグラードに住んでいる山崎は、ユーゴスラビア内戦から20年近く経って、セル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも