[PR]

 「ピンクイルカ」と呼ばれる中華白イルカ(シナウスイロイルカ)が香港沖で激減している。香港と対岸のマカオ、中国・珠海を結ぶ世界最長の海上大橋「港珠澳大橋」(全長約55キロ)の建設など大型開発の影響が指摘されている。周辺海域は埋め立て計画が目白押しで、生息環境の悪化が懸念されている。

 イルカの保護に…

この記事は有料会員記事です。残り304文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも