[PR]

 東京交響楽団が、イギリスの作曲家、エルガーのオラトリオ「ゲロンティアスの夢」を取り上げた。指揮は音楽監督のジョナサン・ノット(14日、サントリーホール)。

 作曲されたのは1900年。まさに世紀末。R・シュトラウスが「ツァラトゥストラはこう語った」を、マーラーが交響曲第3番を、共にニーチェの無神論…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも