(声)マタニティーマークに助けられ

有料記事

[PR]

 主婦 阿部麻衣子(新潟県 37)

 不妊治療を再開し、第2子を妊娠して10カ月。今、バッグや車の窓にマタニティーマークを付けている。

 第1子の不妊治療時、妊活仲間から「マタニティーマークを見るだけでつらい」と打ち明けられたこともある。母からは「なぜ、わざわざ車にマークを付けているの」と不思議そう…

この記事は有料記事です。残り135文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント