[PR]

 最近のニュースからのクイズです。Q1の( )は厚生労働省が再編を進める水道事業。Q2の( )はフィギュアスケートの銅メダリストです。

 Q1 過疎地に多い公営の「( )」を、同じ市町村の「上水道」に統合する計画が遅れている。国の試算では、2007年度から10年間で約800カ所に減る見通しだったが、朝日新聞が今春時点で調べたところ、回答があった38都道府県だけでも2千カ所を超えた。数十倍にも及ぶ料金格差が障害になっている。

 Q2 フィギュアスケートの2010年バンクーバー五輪男子銅メダリストで14年に引退した( )さんが、現役復帰することを表明した。所属は関大ク。復帰の理由について「自分の人生にはフィギュアスケートという軸がなくては駄目。(将来的には)スケートのパフォーマーとして生きていきたい」などと語った。

 【答え】Q1簡易水道 Q2高橋大輔

 (朝日新聞東京本社で発行した7月1日付、同2日付朝刊最終版記事から作成)

こんなニュースも