政策観測、市場揺れる 長期金利上昇、日銀はオペで抑制 緩和副作用軽減策

有料記事

[PR]

 23日の東京金融市場で長期金利が急上昇し、円高傾向となって日経平均株価は300円も値下がりした。引き金は日本銀行金融政策を巡る観測だ。日銀は30~31日の金融政策決定会合で金融緩和の悪影響の軽減策を検討する。市場では日銀が一定の金利上昇を容認するとの見方が浮上し、長期金利が上昇した。日銀は5カ月…

この記事は有料記事です。残り1090文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。