再生エネ比率、「30%に」提言 政令指定市の協議会

有料記事

[PR]

 千葉市以外の19の政令指定都市からなる「指定都市自然エネルギー協議会」(会長=門川大作京都市長)は23日、2030年時点での再生可能エネルギーの電源構成比を「30%程度」まで引き上げることなどを求める提言を決議し、政府に提出した。

 政府が今月閣議決定したエネルギー基本計画は、16年度時点で約1…

この記事は有料記事です。残り206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。