[PR]

 ■北京大学国際関係学院院長・賈慶国(チアチンクオ)氏

 先月のシンガポールでの米朝首脳会談の共同声明は、原則的な内容で具体性に乏しかった。だが、朝鮮半島の軍事衝突のリスクを低め、協議を通じて核開発問題を解決する基礎を打ち立てたことは評価できる。

 中国の朝鮮半島政策は一貫して戦乱を避けることであ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも