[PR]

 まるで猥画(わいが)をとり出すときのやうにして

 ぼくはなぜぼくの思想をひろげてみせねばならないか

 (吉本隆明)

     ◇

 初期の詩「その秋のために」から。思想の開陳に羞恥(しゅうち)がともなうのは、近き人たちの生活を踏み台として独り離陸し、彼らを俯瞰(ふかん)するような位置に立ったことの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも