[PR]

 絵が画家の歩んできた芸術追求の道を示すものだとするならば、この抽象画はまさにそんな作品だ。

 京都出身の堂本印象は、1925年に33歳で描いた仏画「華厳」で帝国美術院賞を受賞した日本画の名手。44年には上村松園(うえむらしょうえん)や鏑木清方(かぶらききよかた)らと共に帝室技芸員に任命され、52歳…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも