[PR]

 処方薬の名前や飲む量などを記録する「お薬手帳」は、医師や薬剤師が薬の重複や不都合な薬の組み合わせがないか点検するためのものだ。市販薬の購入や、薬について気になる点も記すよう推奨されているが、十分に使われていないのが実情だ。

 新潟県内で10カ所の薬局を経営する市民調剤薬局では、4年前まで手帳を持参…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも