[PR]

 ■がんとともに

 新たにがんと診断される人のうち、約3分の1を働く世代が占めるなか、がんの治療と仕事の両立支援は重要な課題だ。国が支援に力を入れ始め、独自の取り組みをする企業も出ている。患者が自身の状況を適切に伝え、雇う側と交渉することも大切だ。

 ■独自の制度活用、柔軟な働き方

 電機メーカ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも