[PR]

 東京電力福島第一原発事故で溶け落ちた核燃料(デブリ)の取り出しに向けて、東電が2号機でデブリの硬さなどを確かめる状態調査を、今年度中に始めることが分かった。炉心溶融した1~3号機のうち2号機はカメラ調査で内部の状況の把握が最も進んでおり、最初にデブリ取り出しが始まる可能性が高い。

 デブリの取り出…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも