亡くなった松下康雄さんは、絵に描いたようなエリート官僚だった。旧大蔵省(現・財務省)で主計局長から事務次官へ上りつめ、都銀トップに。1994年に日本銀行総裁に就く。

 強烈なリーダーシップで組織を引っ張るタイプではなく、どちらかといえば調整型リーダーだった。それでも、大きな決断を求められる場面がた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも