厚労省の職員、作業完了偽る 資料の電子化委託

有料会員記事

[PR]

 日本年金機構に委託された年金のデータ入力業務で問題が相次いだ「SAY(セイ)企画」(東京都豊島区)をめぐり、厚生労働省が2015~17年度に委託した資料の電子化業務にも納品遅れなどの契約違反が見つかった。同省職員も作業が期限内に完了したと装う調書を作り、納品前に同社に委託費を支払っていた。同省が2…

この記事は有料会員記事です。残り233文字有料会員になると続きをお読みいただけます。