(大志 藤井聡太のいる時代)修業編:4 僥倖・節目…大人びた読書で培った言語感覚

有料記事

[PR]

 「自分の実力からすると、僥倖(ぎょうこう)としか言いようがない」

 昨年6月に関西将棋会館大阪市)であった対局。デビュー戦から20連勝を達成した当時四段の藤井聡太(そうた)七段(16)は、インタビューでそう答えた。

 「ギョウコウ?」。中学生の口から飛び出した言葉に、記者らは不思議そうな表情を浮…

この記事は有料記事です。残り657文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る