[PR]

 「逃げ恥」を学問する――。家事を仕事ととらえ、「就職」として結婚するという設定が話題になったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)を、家事労働や生活経営学の観点から考えるシンポジウムが開かれた。「『やっぱり夫婦』には違和感」「性別役割分業否定の意義は大きい」。研究者はこのドラマをどう読み解い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも