[PR]

 インドネシアなどの熱帯林には、浅瀬の海に木が朽ちて堆積(たいせき)した「泥炭湿地」が広がる。近年、開発に伴う土壌の乾燥で火災が頻発。煙による健康被害に加え、二酸化炭素(CO2)が大量放出され、地球温暖化の脅威にもなっている。

 炭素を多く含む熱帯の泥炭湿地の多くは、東南アジアのスマトラ島やボルネ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも