[PR]

 戦後を代表する政治学者、丸山眞男(1914~96)の未完に終わった研究会の記録が、『丸山眞男集』の続巻である「別集」の第四巻として刊行された。晩年まで40年近く続けられた研究のテープや史料を、後進の学者たちがまとめた。テーマは「正統と異端」。その枠組みで、古代から現代に至る日本の政治思想史をとらえ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも