西部さん自殺幇助、有罪判決 知人の会社員、執行猶予 東京地裁

有料記事

[PR]

 評論家の西部邁(にしべすすむ)さん(当時78)が1月に自殺したのを手助けしたとして、自殺幇助(ほうじょ)の罪に問われた知人の会社員青山忠司被告(54)に対し、東京地裁は30日、懲役2年執行猶予3年(求刑懲役2年)の有罪判決を言い渡した。守下実裁判官は「自殺を思いとどまらせようと努力してきた遺族の悲…

この記事は有料記事です。残り206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。