[PR]

 手仕事の日用品に美しさを見いだす「用の美」を考えさせる展覧会が東京都内で開かれている。

 ■健やかさ、自然光浴び際だつ 「民芸」の陶芸家・濱田庄司展

 世田谷美術館では、用の美の考え方に基づく「民芸運動」をリードした陶芸家、濱田庄司(1894~1978)の展覧会が開かれている。元国鉄マンの堀尾幹…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも