[PR]

 障害者が子どもを産むという選択肢を奪った強制不妊手術。国会で全会一致で旧優生保護法が生まれ、社会も容認し、障害者自身も声をあげられなかった。その背景には何があるのか。

 ■誤った善意、差別になる 藤原久美子さん(DPI女性障害者ネットワーク代表)

 1型糖尿病の合併症で、30代半ばに左目を失明し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも