[PR]

 自動車部品大手のデンソーは31日、米国が検討中の輸入車や部品への高関税措置が実現すれば、年間で700億~800億円の営業減益要因になるとの試算を明らかにした。発動済みの鉄鋼・アルミ製品や中国からの輸入品への高関税措置でも、合わせて50億円の減益が見込まれるという。

 会見で松井靖常務役員が明らかに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも