[PR]

 19年前の横浜市立大病院の患者取り違え手術をきっかけに厚生労働省は様々な安全対策を進めてきた。医療機関への医療安全管理者の配置もその一つだ。

 医療安全管理者は院長から権限の委譲を受け、職員の研修、事故やヒヤリとした事例の分析、組織の安全文化の醸成などを担う。

 厚労省は2006年の診療報酬改定で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも