[PR]

 大島理森・衆院議長は31日、国会内で記者会見し、通常国会で表面化した森友学園との土地取引をめぐる決裁文書を財務省が改ざんした問題などを振り返り、「立法府の判断を誤らせ、民主主義の根幹を揺るがす」と指摘。憲法が国会にゆだねた国政調査権などの必要性を訴えた。

 会見は、7月22日に通常国会が閉幕したこ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら