[PR]

 ■「自然を使った防災は、世界的には主流。日本は転換しきれていない」

 川岸の水田を5メートル掘り下げて湿地に戻し、川をあえて氾濫(はんらん)させて洪水を制御する。

 国土交通省武雄河川事務所長だった島谷幸宏(しまたにゆきひろ)(62)が、佐賀県唐津市相知(おうち)町の松浦川右岸の「アザメの瀬」で始…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも