[PR]

 中国・北京で開幕した囲碁世界戦「第4回百霊杯」で、8強に残っていた日本の井山裕太名人・七冠(29)と芝野虎丸七段(18)は、7月26日の準々決勝でともに敗れ、日本勢の4強進出は成らなかった。

 日中韓台のトップ棋士16人が出場。日本勢は出場4人のうち井山と芝野が24日の初戦を突破。準々決勝の相手は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも