[PR]

 世界的な美術市場の活況を経済成長に取り込もうと、政府が取り組みを強めている。美術館も巻き込みながら国内での売買を盛んにしようという構想だが、文化を担う美術品を投資の対象とみなすべきではないと、関係団体などから反発の声が上がっている。

 「稼ぐ文化への展開」。政府が6月15日に閣議決定した「経済財…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも