[PR]

 原爆が奪い去った日常を色鮮やかによみがえらせたい――。広島の高校生たちが、原爆投下以前に撮影された白黒写真を、最新技術と人々への聞き取りをもとにカラー化することに取り組んでいる。写真は今年秋にも広島市内で展覧会を開き、公開する予定だ。

 広島市中区の広島女学院高の有志たちが昨年始めた。被爆者らか…

この記事は有料会員記事です。残り857文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り857文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り857文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも