栃木女児殺害、二審も無期 「一審は録音・録画の扱い方に誤り」 東京高裁

有料会員記事

[PR]

 2005年に栃木県今市市(現・日光市)の小学1年の女児が殺害された事件で、殺人罪などに問われた無職勝又拓哉被告(36)の控訴審判決が3日、東京高裁であった。藤井敏明裁判長は、裁判員裁判だった一審・宇都宮地裁無期懲役判決は訴訟の進め方や事実認定に間違いがあったとして破棄したうえで、改めて無期懲役を…

この記事は有料会員記事です。残り579文字有料会員になると続きをお読みいただけます。