(Photo Story)フランスの香り

有料会員記事

[PR]

 「私は世界に日本人として生きたいと願う」。その言葉通り、フランスで半生を過ごした画家、藤田嗣治(レオナール・フジタ)。

 没後50年を記念し、2日から東京都港区迎賓館赤坂離宮で作品6点が特別公開されている。6点はいずれも1930年代に東京・銀座の洋菓子店「コロンバン」の天井画として描かれ、74年…

この記事は有料会員記事です。残り116文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載Photo Story

この連載の一覧を見る