[PR]

 昔となった「こないだ」、ともに過ごした師友のことなどを書いた、1930年生まれの作家・山田稔さんの最新文集が『こないだ』(編集工房ノア・2160円)。

 少年のころから、従兄(いとこ)や姉と手紙のやりとりをした。書く習慣ができ、志賀直哉を読み、「小説とも随筆ともつかぬ散文」が好きになった。そういう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも