[PR]

 NHKは3日、7月の西日本豪雨で被害を受けた世帯の受信料(地上波と衛星放送)の免除期間を2カ月から6カ月に延長し、対象世帯も拡大すると発表した。半壊、半焼または床上浸水以上の被害を受けた世帯に加え、避難の勧告や指示、退去命令を継続して1カ月以上受けている世帯で、7月から12月までの受信料を免除する。11府県(岐阜、京都、兵庫、鳥取、島根、岡山、広島、山口、愛媛、高知、福岡)のうち災害救助法が適用された64市38町4村が対象。詳細はNHKふれあいセンター(0570・077・077、もしくは050・3786・5003)。

こんなニュースも