[PR]

 米労働省が3日発表した7月の雇用統計で、景気動向を反映しやすいとされる「非農業部門の就業者数」が前月より15万7千人(季節調整済み)増え、約19万人増だった専門家の予想を下回った。ただ、失業率は3・9%と前月の4・0%を下回り、歴史的な低水準が続いている。

 賃金は前年同月比2・7%増と、前月に続…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも