[PR]

 ●荻野富士夫著『よみがえる戦時体制』 特高警察など戦前の治安体制を研究する著者は、特定秘密保護法、安保法制、そして共謀罪の成立によって、長い「戦後」から新たな「戦前」への転換が急速に図られてきたと指摘する。第2次世界大戦に至る戦時体制の確立過程とその帰結を追い、そして戦後の治安体制の構築を検証する…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも