[PR]

 米政権が検討する輸入車への高関税をめぐり、日本側が警戒感を強めている。高関税が発動されれば、トヨタ自動車は年間約4600億円の負担増になる見通しだ。雇用への影響を懸念する声も出始めた。日本政府も発動回避に向けて動くが、米政権との関係を維持する必要もあり、対応に苦慮している。▼3面参照

 トヨタが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも