[PR]

 トヨタ自動車が3日発表した2018年4~6月期決算(米国会計基準)は、売上高と純利益がそれぞれ過去最高を更新した。増収増益は2年連続。世界販売台数の増加やコスト削減が寄与し、好調な決算となった。ただ、主力の北米事業は苦戦が続き、米国の通商リスクも顕在化。先行きは不透明で通期の業績予想は据え置いた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも